未分類

26歳妊婦さんの「つわり」の悩み体験談!

更新日:

妊娠中の苦労として一番つらかったのは、やっぱりつわりです。ほとんどの人がつわりになる時期よりも早くにつわりが起こり、ほとんどの人が治まる時期になってもまだつわりが続きました。一番ひどい時は、ずっと吐きたい感じに襲われていてずっとトイレに籠っていたくらいです。

 夜、眠いのにつわりで吐きたい感じが続き、ずっと一人でトイレに籠っていると、私何やってるんだろうと涙が出てきたりしました。

夫と二人暮らしでしたが、ご飯を作ろうとすると必ず吐き気を覚えつらかったです。

その当時、夫は仕事が激務で家に帰ってくるのが24時過ぎの事が多く、一人きりでトイレに籠ってばかりで精神的におかしくなりそうでした。私にとっての最大のマタニティーブルーの状況だったと思います。

 食べては吐き、食べていないのに吐き気を覚え、体重管理で増えすぎるのをおさえている妊婦の友人とは反対に、吐きすぎで妊娠前より体重が減少してしまい赤ちゃんにきちんと栄養がいっているか心配でした。

妊娠初期には葉酸等摂取したほうが良い栄養素がありますが、それらはたぶんつわりにより吐いてしまい赤ちゃんに行きわたっていなかったと思います。

 つらい中唯一助かったことは、赤ちゃんがきちんと大きくなってくれたことでした。これで、大きくなってくれなかったらもっと自分を責めてつらかったと思います。

あまりにひどいつわりに、医者から入院を勧められましたが出来れば入院はしたくなかった為、家で頑張ることにしました。

実家の母親も里帰りを勧めてくれましたが、頑固な私は頑なに断ったため、母が何度も私の住む家に通ってくれました。

結局作り置きできるおかずを何品も作ってきてくれたり、母のお世話になってしまいましたが、母も丁度長年やっていた仕事を辞め何をして昼間過ごしたらいいかわからなかった頃なので、今まで仕事ばかりで娘に何もできなかった分お世話が出来たのが嬉しかったと言ってくれました。

親に甘える=迷惑をかけてしまうと思っていましたが、親も孫が健康に生まれてくれることを望んでいて、そのために娘のお世話をすることは喜びでもあると言われ救われた気分でした。

結局私の体重増加はあまりありませんでしたが、夫が4300gで生まれてきた遺伝なのか赤ちゃんも大きく3500g近くありました。

最終的に帝王切開になってしまいましたが、元気でお腹の中ですくすく育ってくれていた赤ちゃんを見て、つわりで辛かった思い出も良い思い出に変わりました。

-未分類

Copyright© 妊婦さんの悩み体験談|出産までに抑えておくべき5つのこと! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.