みなさん、こんにちわ。

当サイトにお越し頂きありがとうございます。

ここでは、妊娠がわかってから出産に至るまでに乗り越えなければならない悩みについて、実際の妊婦さんが悩んでいることやリアルな体験談を紹介しています。

妊娠前は意識したことがないような悩みもたくさんありますので、これから初めて出産される方は、ぜひ参考にしてみてください。

妊娠後のママを悩ます5つの悩み!

早速代表的な悩みを5つ紹介していきたいと思います。

もちろん全員が全員このような症状がでるわけではありませんが、知識として持っておくだけで、もしものときも安心です。

それでは早速見ていきましょう!

①腰痛

妊娠中の腰痛この辺りはかなりメジャーな悩みなので、初めて出産に臨まれる方でも意識することだと思います。

特に妊娠から5ヶ月程たった頃から出てくる症状で、ひどい人はホントに悩まされる問題です。

この症状への対策はやはり、姿勢を意識して生活することです。

お腹が大きくなってくると、当たり前ですが姿勢が前のめりになります。逆に意識をしていないと、常に腰が曲がった状態になってしまうので、注意が必要です。

背筋を伸ばすと言うよりも、胸をはるイメージで生活をしてちょうどいいぐらいになります。特に、産婦人科から運動するようにしてくださいと言われる時期でもあるので、ちょっと買い物に行くときや散歩に行くときは、しっかりと姿勢を意識しましょう。

②睡眠不足

妊娠中の睡眠不足この悩みは先程の悩みと被る部分がありますが、お腹が大きくなってくると本当に寝にくくなります。

普段どれだけ寝返りをうってるんだよ!と思うぐらい、人間は寝返りをします。

その時にお腹が大きいと全然動けないですし、何より下向きにしてお腹を潰していないか心配になって眠りが浅くなってしまうんです。

この悩みの対策としては、寝具周りの見直しが大切です。

特に枕を抱き枕などに変えると、寝返りの支えになったり、腰の支えになるので、かなり改善できると思います。

余裕があれば、マットレスも面で支えるタイプではなく尖ったボコボコのタイプ(商品名で言うとエアーなど)にすると、寝返りの頻度が減るのでおすすめです。

赤ちゃんが生まれる前なので、お金のいりどきだと思いますが、睡眠をバカにするといろんなことに弊害が出てくるので、思い切って寝具まわりの見直しをすることが大切です。

逆に睡眠さえしっかりできていれば、大体のことは何とかなります。

③悪阻(つわり)

妊娠中のつわりこの悩みに関しては、本当に個人差が大きい悩みですが、ひどい人だと食べ物のニオイを嗅ぐだけで気持ち悪くなってしまう人もいます。

妊婦さんはどうしてもいろんなことに敏感になる時期なので、しょうがないと言えばしょうがないことですが、いざなると出産が嫌になるぐらいつらいです。

この悩みの対策としては、常に意識して身体の調子を整えるしか方法がありません。

よく妊婦さんが摂るべきサプリメントとして、葉酸や亜鉛などが売られていると思いますが、こういった物を日常的に補給して、身体の中の栄養バランスを整えておくようにしましょう。

ただしサプリメントを飲む場合は、過剰摂取などのリスクもありますので、病院で何をどのくらいの量飲めばいいのかを聞いておくと安心です。

特にネットの情報などを鵜呑みにして、いろんなサプリを飲むようになると、感覚が麻痺してくるので、定期的に病院の先生に相談することが大切です。

1番いいのはこれから飲むサプリメントを病院に持っていって大丈夫か確認することだと思います。

④産後太り

産後太りここからは妊娠を終えた直後の悩みになります。

その中でも産後太りは、妊婦さんでなくとも知っている悩みです。

先程、悪阻の話で食欲が落ちる人がいると言いましたが、逆に食欲が爆発する人もいます。

妊婦さんはお腹の中の赤ちゃんの分まで栄養を取る必要があるので、お腹が半端なく空くんです。

もちろん、栄養をたくさん摂ることはいいことですが、妊娠中に食欲がおもむくままに食べていると、出産後にもとの量に戻せなくなるので気をつけてください。

妊娠中は病院に定期検診にいくたびに体重測定があるので、ある程度抑制してくれる人がいますが、出産後は誰も注意してくれません。

特に昼間、旦那さんがいないときなど、ご飯とご飯の間にお菓子を食べたり、お昼の量が多くなったりするので、あっという間に10キロぐらい太ってしまいます。

よく産後ダイエットなんて言葉を聞きますが、育児のストレスや疲れを感じているときにダイエットなんて、ホントに地獄です。

だからこそ、食べる量は妊娠中からしっかり管理するようにしましょう。

⑤産後抜け毛

産後抜け毛最後の悩みは「抜け毛」です。

今まで紹介してきた悩みの中ではマイナーになるので、もしかすると知らない人もいるのではないでしょうか。

特に20代の女性は抜け毛なんて大丈夫でしょ!というかもしれませんが、舐めてるとホントにヤバいです。

へんな話、1人目で産後抜け毛を経験したせいで、2人目を作りたくないと考える女性もいるぐらい深刻な悩みです。

症状が出る人は、出産後3ヶ月程度経過した頃から抜けはじめ、何も対策をしないと2年程続くこともあります。

抜け毛の量も様々ですが、場合によっては洗面台が抜け毛でいっぱいになるぐらい抜け落ちます。

特に髪を乾かす時に、明らかに抜け毛の量が増えるので、その衝撃たるやハンパないです。

具体的な対策としては、育毛シャンプーや育毛サプリ、育毛剤などがありますが、個人的には育毛剤が1番おすすめです。

正直、育毛シャンプーや育毛サプリ程度では全く改善しません。(経験済み)

むしろ、産後抜け毛になる前から優しい成分の育毛剤を使って予防することが重要です。

その時に注意したいのは、薬局などで売られているガチの育毛剤は使ってはいけないということです。もちろん男性用は問題外。

じゃあどこで買えばいいのかというと、ネット通販が1番いいです。

ネット通販なら無添加の優しい育毛剤が何種類か販売されているので、そういった物を使うようにしましょう。

私は「マイナチュレ」という完全無添加の育毛剤を使っていたので、興味がある人はチェックしてみてください。

私が購入を決めたサイトも紹介しておきます。

マイナチュレの効果ガイド.net

出産までに準備しておくべきことまとめ

今回は妊娠してから出産までに女性が悩むことをザックリと紹介してきました。

どの悩みも想像以上に辛いですが、事前に知っているのと知らないのでは雲泥の差があります。

特に症状が出てからでは対策が難しいものもありますので、妊娠が発覚したら赤ちゃんのことを考える前に、ご自身の体のことを真剣に考えるようにしましょう。

また、当サイトでは妊婦さんのリアル体験談をいくつか紹介しているので、実際にどんなことで悩んで、どんな対策をしたのかを参考にして頂ければ幸いです。

こういう話をすると暗く考えてしまう人もいますが、逆に赤ちゃんのことで悩めるようにしっかり準備することが大切です。

これから生まれてくるわかいい赤ちゃんの為にも、まずはご自身の身体をいたわってあげましょう。

投稿日:

Copyright© 妊婦さんの悩み体験談|出産までに抑えておくべき5つのこと! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.